引越し 宅急便

宅急便を使った引越しのデメリットとは?

一人暮らしや、単身での引越しの場合は、意外と荷物が少ないということもあり、引越し業者に頼むほどではないと考える事はないでしょうか?

 

引越し業者に頼まず引越し費用を安く済ませたいとき、まず最初に候補に上がるのが、宅急便ゆうパックを利用した引越し方法です。

 

衣類や小物などはダンボールに詰めて、冷蔵庫、ベッド、洗濯機等の大きな家財は家財宅急便を使うという方法です。

 

営業所へ直接持ち込みが出来るなら、さらに持ち込み割引や、複数割引も適用されるので、さらに引越し費用を安くできるかもしれません。

 

しかし、宅急便での引越しには下記のようなデメリットがあることも事実です。

 

ダンボール集めが大変

適当なサイズのダンボールを集めたり、ダンボールを自宅まで運んだり、ガムテープや梱包材を購入したりと、準備段階で時間と手間とお金がかかります。引越し業者を利用すると、ダンボールやガムテープ、梱包材などを無料で用意してくれます。

 

荷造りが大変

大きさがマチマチだったり、ダンボールがヨレヨレだったり、入れる物に気を遣わなければいけません。また、荷造りをしているうちに、必要なダンボールが気づかぬうちに増えていくものです。ダンボールが足りなくなる度に集める手間がかかります。

 

引越し当日に届かない場合も

引越し業者を使えば、全ての荷物が一緒に新居に届きますが、宅急便の場合は荷物が届くまでのタイムラグが発生します。引越し先にもよりますが、荷物が届くのが2,3日後になることもあります。すぐに新居に移りたいときに、これはとても不便です。

 

 

宅急便での引越しは、費用を大幅に節約できそうですが、実は非常に手間も時間もかかる重労働なのです。

どちらが安い?引越し業者と宅急便

想像していた以上に手間も時間もお金もかかる“宅急便での引越し”ですが、引越し業者の単身パックなどと比較して、引越し費用は本当に安くなるのでしょうか?

 

家財宅急便は小さなものでも数千円の配送料がかかります。

 

大きな家財が少ない、あるいは全く無いのであれば、宅急便の方が費用が安くなる事はあるのかも知れません。

 

しかし、引越しの荷造りは最初考えていたよりも必要なダンボールの数が増えていくものです。

 

宅急便ではダンボール一つ増えるだけでも、料金が上乗せされますが、引越し業者ならダンボールが数個増えても、意外と収まってしまいますので追加料金がかからないのが普通です。

 

引越し業者の単身パックを利用したり、作業スタッフを2人ではなく1人にしてもらう(大型冷蔵庫などがある場合は、作業スタッフ1人では難しいですが)ことで、家財とダンボールを全てまとめて、しかも低料金で引越しをすることが出来るのです。

 

「もしかしてこの荷物の量だと、宅急便より引越し業者を利用した方が安いのでは…。」

 

もし、宅急便と引越し業者どちらが安く、また手間をかけずに引越しが出来るかを知りたいのであれば、一度インターネットの引越し一括見積もりで引越し料金の相場を調べてみましょう。

 

例えば、市内などの近距離で単身の引越しの場合などは、宅急便より引越し業者のほうが断然安いことも多く、引越し業者の料金の安さに驚かされます。

 

引越しシーズンや移動距離によって異なるので一概には言えませんが、宅急便での引越しをお考えであっても、まずは、引越し業者の見積もりを取ってから検討するのがおすすめです。

 

宅急便と引越し業者を使った場合の費用を比較した上で、安くて安心できる方法で引越しをしましょう。